第20回東京スポーツ整形外科研究会

日時:令和4年4月16日(土)15:00~18:30
会場:ハイブリット開催(コングレスクエア日本橋 3階ホールC・D)

15:00~15:05 開会の辞

15:05~16:05(60分) プログラム1 「アスリートの鼠径部痛」
座長 JIN整形外科スポーツクリニック         仁賀 定雄 先生
   順天堂大学 保健医療学部理学療法学科     相澤 純也 先生

講師「股関節関連鼠径部痛の診断と治療」
   アントラーズスポーツクリニック        山藤 崇 先生
  「股関節関連以外の鼠径部痛の診断と治療」
   聖路加国際病院 整形外科           齊藤 昌愛 先生

16:15~17:15(60分) プログラム2 「スポーツ外傷・障害に関係する解剖の知見」
座長 昭和大学保健医療学部             西中 直也 先生
   昭和大学保健医療学部 理学療法学科      加賀谷 善教 先生

講師「膝前十字靭帯及び半月板の機能解剖」
   医療法人高徳会上牧温泉病院 整形外科     入内島 崇紀 先生
  「肘関節の解剖 ‐内側支持機構を中心に‐」
   船橋整形外科病院 スポーツ医学関節センター  星加 昭太 先生

17:25~18:25(60分) プログラム3 「スポーツ整形超音波診療 2022 -スポーツ障害にエコーは必要か?-」
座長 社会福祉法人みどり福祉会 B&Jクリニックお茶の水  洞口 敬 先生
講師 横浜市立大学 整形外科               宮武 和馬 先生

18:25 閉会の辞

参加費:3000円(事前申込み)

単位申請費:各1000円

※事前参加登録が必要です。(登録期間 2022年2月9日~4月8日)

プログラム1:日整会専門医資格継続1単位

[2]外傷性疾患(スポーツ障害を含む)[11]骨盤・股関節疾患または[Re]運動器リハビリテーション単位

プログラム2:日整会専門医資格継続1単位

[9]肩甲帯・肩・肘関節疾患[12]膝・足関節・足疾患または[S]スポーツ単位

プログラム3:日整会専門医資格継続1単位

[2]外傷性疾患(スポーツ障害を含む)[8]神経・筋疾患(末梢神経麻痺を含む)または[S]スポーツ単位

今回が初めてのハイブリッド開催となりましたが、最大同時視聴人数約460名、会場には100名ほどご来場いただき、成功裏に終えることができました。誠にありがとうございました。至らぬ点も多々あったと思いますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。