東京スポーツ整形外科研究会 会則

第1章 総則

第1条 名称

本会は、東京スポーツ整形外科研究会(Tokyo Orthopaedic and Sports Medicine Seminar)と称する。以下、本会という。

第2条 事務局

本会の事務局は、世話人会の議により定めた場所におく。

第2章 目的および事業

第3条 目的

本会はスポーツ整形外科において、スポーツを医学的見地より意見を交換し幅広く検討を加え、治療、研究のレベルアップを図ることを目的とする。

第4条 事業

本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

1)  研修会の開催

2)  スポーツ整形外科の発展進歩に貢献できると思われる事業

3)  内外の関連学術団体との交流及び提携

4)  その他、前条の目的を達成するに必要な事業

第3章 会員

第5条 会員

本会の会員は、本会の目的に賛同し会費を納入する者とする。

第4章 役員

第6条 役員

本会は次の役員を置く。

1)  代表世話人

2)  世話人

3)  監事

第7条 役員の選出

1)  代表世話人は世話人より選出する。

2)  世話人は、世話人会で推薦し委嘱する。

3)  監事は、世話人会で推薦し委嘱する。

第8条 役員の業務

1)  代表世話人は、会務を統括する。

2)  世話人は、重要事項を審議、決定する。

3)  監事は、本会の会務および会計を監査する。

第9条 役員の任期

1)  役員の任期は2年とし、再任は妨げない。

2)  退任を希望する場合は、代表世話人に届け出ることとする。

第5章 役員会

第10条 世話人会

1)  世話人会は、代表世話人がこれを招集する。

2)  世話人会は、次の事項の決議をおこなう。

1. 事業報告および収支決算

2. 事業計画および収支予算

3. 運営に関する事項

3)  必要に応じて、委員会を設けることができる。

第6章 会費および会計

第11条 会費

本会の会費は、参加費、寄付金その他をもって、これをあてる。

第12条 会計

1)  本会の会計年度は、4月1日に始まり翌年3月30日に終わる。

2)  本会の収支予算および決算は、世話人会の承認を得なければならない。

第7章 付則

第13条 本会則の改正は、世話人会の承認を要する。

当分の間、事務局は「113-8519東京都文京区湯島1-5-45

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科運動器外科学分野内」におく。

平成15年 6月27日制定

平成22年 4月24日改正

世話人会名簿

代表世話人

宗田 大         東京医科歯科大学大学院運動器外科学分野

世話人

池田 浩    順天堂大学医学部 整形外科

奥脇 透    国立スポーツ科学センター スポーツ医学研究部

柏口新二    JCHO東京新宿メディカルセンター 整形外科

桜庭景植    順天堂大学大学院 医学研究科スポーツ医学

菅谷啓之    船橋整形外科病院 肩関節・肘関節センター

土屋明弘    船橋整形外科病院スポーツ医学センター

筒井廣明    昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 整形外科

中川 匠    帝京大学医学部 整形外科

中川照彦    同愛記念病院整形外科

福林 徹    早稲田大学 スポーツ科学学術院

洞口 敬    日本大学病院 スポーツ整形外科

松本秀男    慶応義塾大学病院スポーツ医学総合センター

柳下和慶    東京医科歯科大学医学部附属病院 スポーツ医学診療センター

山崎哲也    横浜南共済病院スポーツ整形外科

加賀谷善教   昭和大学保健医療学部理学療法学科

福井 勉    文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科

溝口秀雪    花田学園

山口光國    (有)セラ・ラボ

山本利春    国際武道大学スポーツトレーナー学科

監事

荻内隆司    川口工業総合病院 整形外科

関矢一郎    東京医科歯科大学 再生医療研究センター

スポーツリハビリテーション委員会

板倉尚子    日本女子体育大学 健康管理センター

今屋 健    関東労災病院 中央リハビリテーション部

大見頼一    日本鋼管病院リ ハビリテーション科

岡田 亨    船橋整形外科病院 新規開発事業部

津田清美    財団法人日本バスケットボール協会

橋川拓史    北千葉整形外科病院理学診療科

増田雄一    (株)リニアート

八木茂典    東京関節外科センター昭島整形外科 スポーツリハビリテーション部
(50音順)